屋外のデッドスペースを利用して家を増築。使い勝手のよい洋室へと変身

  • LINEで送る

屋外にあるスペースを、自宅内に取り込む増築例です。自転車などが雨に濡れないようにと作られた屋外のスペースを、新たなフローリングの部屋に作りかえます。2階の同じスペースは部屋になっているので、ここでは1階部分だけの増築リフォームです。

施工前

屋外のデッドスペースを利用して家を増築。使い勝手のよい洋室へと変身

以前は子供の自転車やおもちゃなど、さまざまな物を置くスペースとして活用していましたが、時が経ち、あまり使われなくなっていた屋外のスペース。屋外よりも屋内のスペースが必要となってきたので、屋外のスペースを家の一部として活用することをめざします。

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

屋外のデッドスペースを利用して家を増築。使い勝手のよい洋室へと変身

屋外のスペースを家の一部とするために、まずは基礎工事から行います。写真の木枠の内側のスペースにある現在の外壁は、新たな外壁が立ってしまってから撤去します。

屋外のデッドスペースを利用して家を増築。使い勝手のよい洋室へと変身

屋内になったときに天井を作る準備です。現在の天井と同じ高さになるように注意して作業を進めます。

屋外のデッドスペースを利用して家を増築。使い勝手のよい洋室へと変身

外壁がだいぶ出来上がってきました。外壁が完全に出来上がったら、内側にある外壁を撤去し、内装に取り掛かります。

屋外のデッドスペースを利用して家を増築。使い勝手のよい洋室へと変身

屋内の様子です。すでに新しい壁は完成し、元々あった外壁は撤去されています。内壁にはもうクロスが張られていますが、まだ出来上がっていない天井が見えています。写真では見えませんが、すでにフローリングも張られています。ここから天井を作って完成です。

完成

屋外のデッドスペースを利用して家を増築。使い勝手のよい洋室へと変身

外観です。元々あったスペースは家の一部に吸収されています。増築部分には他の外壁と同じサイディングを使用しているので、外から見ただけでは増築したことはわかりません。

データで見る 施工事例

リフォーム地域 東京都小平市
物件種別 一戸建て
構造(工法) 木造
工事の内容 1階部分に洋室を増築リフォーム
施工期間 1か月
費用 価格 (約) 100万円

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから

◎こんな感じにリフォームできますか?
◎何かいい方法を提案していただけますか?
◎いくらぐらいかかりそうでしょうか?
◎資料が欲しいです など

固定電話より 0120-995-689
携帯電話からは042-346-0178

またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ