フローリングを新しくすると同時に床暖房を設置した事例

  • LINEで送る

既存の床は20年が経過して傷みが感じられるとのことで、内装とキッチンや洗面所、浴室などの設備機器をメインに取替工事をすることになりました。こちらのお宅ではガス床暖房を採用しました。

リフォームの様子 段階を追ってご紹介

床解体後

床下湿気対策 防湿シート 断熱施工 床束補強をします。

 

床下湿気対策

防湿シートを敷きます。解体していない床下まで潜って、丁寧に敷き込みをしています。

防湿工事

床下防湿シートの上から防湿コンクリートを打設。この後、断熱施工、床下地張り、ガス床暖房配管、床フローリング張りをします。大引は転び止めを取付ています。

完成

床下防湿、湿気対策、床下断熱、ガス床暖房工事が完了しました。

こちらのお宅が採用されたガス床暖房の他、クローバーホームでは電気式床暖房(フィルム式床暖房、エコキュートの床暖房)もご用意しています。

お客様の声

床暖房は本当に暖かいです。エアコンは床暖房が暖まるまでつけて、後は切っても大丈夫。床暖房をつけると体の芯から暖まり、長生きできる感じ。基礎からしっかり造ってあるから、ここはもうリフォームする必要は無いね。次の工事もお願いしますね。

クローバーホームより

計画段階からの綿密な打合せと工事中のご協力のおかげで良い工事ができました。本当にありがとうございました。

データで見る 施工事例

物件種別 一戸建て住宅
構造(工法) 木造
工事の内容 洋室 内装 フローリング 床暖房 (リフォーム)
施工期間 1〜2週間
費用 価格 (約) 50万円〜100万円

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから

◎こんな感じにリフォームできますか?
◎何かいい方法を提案していただけますか?
◎いくらぐらいかかりそうでしょうか?
◎資料が欲しいです など

固定電話より 0120-995-689
携帯電話からは042-346-0178

またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ

コメントを残す

*