剥がれたフローリングを丁寧に補修、傷もわからないように

  • LINEで送る

フローリングは、水を吸ったり、椅子のキャスターによる過度な摩擦など、さまざまな理由で剥がれてしまいます。
さて、剥がれたフローリングをどう修繕するのか?
DIYでがんばる方もいらっしゃいますが、そこはプロの仕事で!という方も。
ここでは、弊社随一の大工による職人仕事をご紹介します。

施工前

剥がれたフローリングを丁寧に補修、傷もわからないように

フローリングの一部が大きく剥がれてしまっています。
小さな傷であれば市販の傷隠しなども使えますが、ここまで大きい傷は、それだけではうまくいきません。
最初に修繕する場所をカッターで区切り、他の箇所に傷をつけないようにします。

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

剥がれたフローリングを丁寧に補修、傷もわからないように

カッターで区切った部分のフローリングをていねいに剥がしていきます。

剥がれたフローリングを丁寧に補修、傷もわからないように

剥がしたフローリングの表面です。キレイに四角く表面が切り取られたことがわかります。
これから切り取った部分にていねいにやすりをかけ、表面を滑らかに整えます。

剥がれたフローリングを丁寧に補修、傷もわからないように

他の箇所と同じ色を塗り、ワックスをかけたら出来上がりです。

完成

剥がれたフローリングを丁寧に補修、傷もわからないように

補修された部分がどこなのか、写真では判別できないほどきれいに仕上がりました。

データで見る 施工事例

リフォーム地域 東京都
物件種別 一戸建て
構造(工法) 木造
工事の内容 フローリングの補修
施工期間 1日
費用 価格 (約)

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから

◎こんな感じにリフォームできますか?
◎何かいい方法を提案していただけますか?
◎いくらぐらいかかりそうでしょうか?
◎資料が欲しいです など

固定電話より 0120-995-689
携帯電話からは042-346-0178

またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ