築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

  • LINEで送る
ガルバニウム金属屋根にリフォーム

木造一戸建て・築35年のお宅です。立派な陶器瓦屋根なのですが、経年劣化が心配なのと、
もしも地震が起こったら家が潰れてしまうのではないかと心配、とご相談をいただきました。

施工前

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

建ててから35年経っているというこちらの住宅。当時としては主流の陶器瓦屋根です。

地震が起こった時、大丈夫なのだろうかとお施主様は調べられたそうです。
「瓦屋根は重いので、耐震性に問題があると聞いたのですが」
「それに、なにしろ年数が経っているので大丈夫か不安」とのこと。

ご相談をいただき、屋根に上がって調査をさせていただきました。
専門家ならば、屋根に上がった時、踏んだ感じで問題があるかどうかがわかります。

クローバーホームでは、見積もり時に屋根に上がって写真を撮って、その場でお客様に見せて説明します。
(危険なので、無理にご自身が屋根に上がろうとしないでくださいね!)

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

丈夫な瓦を使っていらっしゃって、ひび割れなどはありませんでしたが、瓦の漆喰がはがれてしまっていました。

使っていらっしゃった瓦屋根は一般コロニアルの屋根に比べ、3倍の重さが有るもの。立派なのですが、確かに地震でも起きたら不安はあります。

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

重い陶器瓦を撤去して、瓦タイプのガルバニウム金属屋根にすることになりました。
写真がおすすめしたガルバニウム金属瓦です。
ガルバニウム金属屋根は瓦屋根よりも断然軽くて、耐久性もあります。

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

まずは、古い瓦を撤去します。
続いて下地合板を張り、ゴムアスファルトルーフィングを施工していきます。

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

ゴムアスファルトルーフィングを施工したら、
その上に金属屋根下地の桟を設置していきます。

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

瓦は、発泡系断熱材が入っているタイプをお選びいただきました。
写真の白いものが断熱材です。

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

仕上げにガルバニウム金属屋根を施工していきます。
下地、取り合い等に気をつけて施工しています。

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

完成

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

築35年。瓦の重みで地震が心配、と屋根リフォームした事例

もともとの家のイメージを崩さないような瓦タイプを選び、シックに仕上がりました。
このリフォームをすることで家の寿命が延びました!

クローバーホームでは施工を丁寧にするのはもちろんのこと、製品も20年補償しています。

データで見る 施工事例

リフォーム地域 西東京市
物件種別 一戸建て
構造(工法) 木造
工事の内容 瓦屋根をガルバニウム屋根にリフォーム
施工期間 10日間
費用 価格 (約) 120万円
  • LINEで送る

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから

◎こんな感じにリフォームできますか?
◎何かいい方法を提案していただけますか?
◎いくらぐらいかかりそうでしょうか?
◎資料が欲しいです など

固定電話より 0120-995-689
携帯電話からは042-346-0178

またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ