洗面室のカウンターを撤去し国産洗濯機置場を作る

  • LINEで送る

カウンター下に収納されたマルバー社製の洗濯機を撤去し、Panasonic社製のプチドラム洗濯機を設置できるようにしたいというご要望を受けて、洗面室の全面改修を行いました。このリフォームでは、既存のカウンターを撤去し、新たに洗面台を置くためのカウンターを製作します。奥様が「何を設置したいのか」をはっきりお持ちでしたので、それを伺い、ご要望に沿うように工事内容を決めていきました。

施工前

洗面室のカウンターを撤去し国産洗濯機置場を作る

洗面室には広いカウンターが設置され、洗濯機はそのカウンターの下にピタリと収納されていました。けれど、国産の洗濯機でカウンターの下に収めることのできるものは限られます。そこで、洗濯機とともにカウンターを撤去し、国産のドラム式洗濯機が入るスペースを生み出します。同時に洗面台も撤去し、奥様が購入したおしゃれな洗面台を設置します。

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

洗面室のカウンターを撤去し国産洗濯機置場を作る

洗濯機・カウンターを撤去しました。中央に配置された洗面台を右にずらすため、給排水設備を動かす工事を行います。

洗面室のカウンターを撤去し国産洗濯機置場を作る

カウンターが低くなるので、右下に移動させました。写真では切り取った跡や工事に使用した印などが見えますが、上から新たな色を塗ることで、すべて隠してしまいます。

洗面室のカウンターを撤去し国産洗濯機置場を作る

壁をきれいに塗り上げてから、新しいカウンターを組み立てていきます。お選びいただいた洗面ボウルが深いものだったので、それに合わせてカウンターは最初より低く設定してあります。

洗面室のカウンターを撤去し国産洗濯機置場を作る

カウンター上部に洗面ボウルを設置し、カウンターに防腐剤を塗布したうえでオスモカラーを塗って完成です。 以前のカウンターをはずした部分、壁が露出した状態です。この後、奥様がDIYで珪藻土を塗られるとの事で、弊社での作業はここまでで終了です。 ご要望はローコストでシンプルかつおしゃれなリフォーム。難しい注文ですが、可能な限りのお手伝いをさせていただきました。

完成

洗面室のカウンターを撤去し国産洗濯機置場を作る

奥様が珪藻土を塗られた後の、洗面室のお写真を送っていただきました。予定していた洗濯機も入り、珪藻土も見事に塗られています。奥様のイメージ通りの洗面室とするためのお手伝いが、私どもでできたようです。

データで見る 施工事例

リフォーム地域 東京都豊島区
物件種別 マンション
構造(工法) 鉄筋コンクリート造
工事の内容 洗面室改修工事
施工期間 1日〜2日
費用 価格 (約) 40万円~

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから


  • いいリフォームを提案してほしい

  • うちのリフォームいくらぐらいかかりそう?

  • 新しいキッチンの資料が欲しい


など クローバーホームにお気軽にご相談ください


固定電話から0120-995-689  携帯電話からは042-497-5968


またはお問い合わせフォームからご連絡ください


お問い合わせ