ロールスクリーンでプライバシーに配慮

  • LINEで送る

リビングと私室とを仕切る扉は三枚連動で動く室内引き戸になっていて、向こうの部屋ははっきり見えないけれど、動く影は見えるようになっていました。それでは気が休まらないと、ご自分で用意された大きな布などでプライバシーを守っていたそうですが、トイレのリフォームと一緒にと、ロールスクリーンを設置することになりました。

施工前

リビングの奥の部屋は私室として使っていたので、これまでは大判のタペストリーなどで視線を遮っていましたが、これだと行き来に不便を感じていたのだそうです。そこで、他所のリフォームと同時に遮光のロールスクリーンを設置することにしました。

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

ロールスクリーンでプライバシーに配慮

ロールスクリーンを設置するにあたり、幅を計測しています。三連引戸の設置された上部に並べて3つ取り付けます。あまり幅の広いロールスクリーンがないということもありますが、こうすることで一部だけ開けることができるようになり、都合に合わせて便利に使用することができます。

完成

ロールスクリーンでプライバシーに配慮

3つ並べて施工が完了しました。必要な時には簡単に仕切りを作ることができ、必要のない場合はすっきり片づけることができるようになりました。ちょっとしたことかもしれませんが、生活の中ではとても重要なこと。ご家族のストレスが和らいだのだそうです。

データで見る 施工事例

リフォーム地域東京都小平市
物件種別マンション
構造(工法)鉄筋コンクリート増
工事の内容ロールスクリーンの設置
施工期間1日間
費用 価格 (約)12万円-