断熱リフォーム ─ 夏涼しく冬暖かい家

  • LINEで送る

真夏や真冬、家は外気の暑さや寒さの影響を受けます。
冬であれば、床の冷たさを何とかしたい! 窓からの冷気を何とかしたい!
夏であれば、日中の家の暑さを何とかしたい! 屋根から伝わる熱を何とかしたい!
このようなご希望もあるのではないでしょうか。

このような現象は、適切な断熱材を使用して不快な熱や寒気をシャットアウトすることにより、改善できます。
断熱リフォームに力を入れるクローバーホームでは、2005年に高断熱高気密住宅の新築住宅を建てたのを機に、以降、ほぼすべての新築住宅・まるごと全面リフォーム案件・増改築案件にて断熱リフォームを施してきました。
また床や窓、浴室など、ご希望の箇所の一部断熱も行い、エコな家、省エネな家を実現しています。
2015年には法律も整備され、断熱施工の重要性も認知度が高まっています。

夏は涼しくて冬は暖かい家に興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。
ご自宅の状況に合わせたリフォームプランを一緒に検討いたします。

グラスウール充填断熱施工マイスターが施工

断熱材は、誤った入れ方をすると外気を通してしまうばかりか、結露を招いて家にダメージを与えるおそれがあります。
クローバーホームでは代表の星野が『グラスウール充填断熱施工マイスター』認定を受けております。確かな知識と豊富な経験をもとに、冬暖かく夏冷房効率のよい家造りをすることをお約束します。

グラスウール充填断熱施工技術マイスター

硝子繊維協会認定 グラスウール充填断熱施工技術マイスター
認定番号GW00071  星野英樹

 

高断熱高気密住宅は何が優れている?

高断熱高気密住宅とは、その名にある通り「断熱」と「気密」、2つの技術によって建てた住宅です。まずは「断熱」と「気密」についてご説明します。

断熱

断熱材を壁の内部に入れる、または外側から断熱材で覆うなどして、家の中と外の環境を分ける=断つことで、外気が家の内部にが伝わりにくくすることです。
クローバーホームが使用する断熱材はグラスウールです。

気密

土台と柱、柱と壁、壁と壁など、家の構造上できる隙間を限りなくなくし、家の中と外の空気が行き交うのを断つことを言います。

つまり、外からの熱(または寒気)が家の中に出入りするのを極力抑えることで、冷暖房にかかるコストを抑える住宅と言えましょう。

ポイントは「断熱」と「気密」両方がきちんと施工されていてこそ、高断熱高気密住宅と呼ぶに値するということです。

家の一部を断熱リフォーム?

新築時や家をまるごとリフォームする時は、高気密高断熱住宅にするチャンスです。もちろん、断熱するならそれが理想です。ですが、なかなかそこまでのリフォームは難しいですよね。そのような場合は、家の一部だけ、たとえば、いる時間の長い場所や浴室など、寒さ・暑さを感じやすい場所だけを断熱することも視野に入れましょう。

家のどの部分が断熱できるの?

たとえばお風呂・脱衣所・リビング・キッチン・寝室・玄関など、また窓・床下・天井裏・屋根などの断熱が可能です。つまり、「だいたいどこでも断熱リフォームできる」のです。ただ、部屋の壁であれば壊すことも必要だったりするので、費用や工事期間もそれなりにかかります。
リビングや浴室の冬の寒さを何とかしたい! 夏の窓から入り込む熱気を何とかしたい! などのご要望がございましたら、まずはこちらからご相談ください。ご予算に応じた部分的な断熱リフォームプランで、快適な暮らしを実現します。

断熱やエコについて、もっと知りたい!

断熱やエコ住宅にもともと詳しいお客様はほとんどいらっしゃいません。しかしリフォームのご相談をいただき、お打ち合わせする間に断熱リフォームに興味を持たれる方はとても多く、お住いの困りごとの解決の一助となることも事実です。

高気密・高断熱な家、部分的な断熱リフォームにご興味がおありでしたら、ぜひ現在のお悩みをこちらからお聞かせください。ご自宅の状況に合わせたリフォームプランを一緒に検討いたします。

クローバーホームの断熱リフォーム情報サイト
「断熱リフォーム.com」
断熱リフォームに役立つ情報をまとめておりますので、是非こちらも参考になさってください。

 

 

断熱・省エネ・エコリフォーム 施工事例

断熱リフォーム! 屋根の葺き替えと天井裏断熱をダブルで施工
屋根から伝わってくる夏の暑さを何とかしたい!というご依頼で、屋根の葺き替え ...
続きを読む
夏の暑さを防ぐ天井断熱リフォーム
夏、2階が暑くて座っていられない!というお話を伺うことがあります。それは、 ...
続きを読む
プチ断熱で温かいバスタイムを実現
住宅設備が古くなってきたので、水回りを全体的にリフォームすることにしました ...
続きを読む
タイル壁の浴室をシステムバスにリフォーム
タイル壁のおしゃれな浴室でしたが、冬場はヒヤリと寒いのが問題でした。 そこ ...
続きを読む
浴室・洗面室の部分断熱でエコ生活
浴室の設備が古くなってきたため、新しいシステムバスを導入します。 浴室・洗 ...
続きを読む
Loading...
  • LINEで送る

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから


  • いいリフォームを提案してほしい

  • うちのリフォームいくらぐらいかかりそう?

  • 新しいキッチンの資料が欲しい


など クローバーホームにお気軽にご相談ください


固定電話から0120-995-689  携帯電話からは042-497-5968


またはお問い合わせフォームからご連絡ください


お問い合わせ