冬も快適!床下の断熱リフォームのススメ

  • LINEで送る

冬になると床が冷たい!なんて感じることはありませんか。特に築20年以上たった家では、現在よりも省エネ基準が低かったこともあり、床に断熱材が入っていない事も多くことのほか冷たく感じる事も多いかとおもいます。

そこでお勧めなのが床下のリフォームです。つまり、床下に断熱材を敷いてリフォームするというわけです。

床下に断熱材を入れる場合は、既存の床を剥がして断熱材を入れるパターンと、床下にもぐって断熱材を入れるパターンがあります。断熱材を入れるだけならば床下にもぐってやる工事の方が工期も短く、費用も抑えられますが、同時に畳からフローリング、あるいは古いフローリングから新しいフローリングへ代えるなどのリフォームも同時に行うと効率的でお勧めです。

床下にフローリング断熱材をしいただけで、暖房費が抑えられたりする事が出来るので、結果的にお得なリフォームといえます。

床下にフローリング断熱材をいれる工事を御用命の際は、是非私どもクローバーホームにお任せください。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください