春のカビ対策

  • LINEで送る
耐震補強_筋交い

春はカビが繁殖しやすい季節だということはあまり知られていません。
一番の問題は湿度にあります。
屋内のカビは、湿度が60%を超えると繁殖しやすくなり、80%を超えると更に活動的になり、一気に増えてしまいます。
カビの発生を抑えるには湿度を低く保つのが良いのですが、逆に湿度が40%を下回ると、肌や喉の乾燥を引き起こし、風邪や感染症の要因となるウィルスが活動しやすくなるので、人にとっての快適な湿度は50%くらいだと言われています。
もしも湿度が上がりすぎていたら換気を心がけましょう。
その際には、窓を2箇所開けて外気の通り道を作ることでスムーズな換気が期待できます。
丁度良い湿度を保つためにも、断熱リフォームをすることをオススメします。

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください