気密性が高いユニットバスにタイルのお風呂が生まれかわった

  • LINEで送る

東久留米市の木造一戸建て住宅。お風呂は在来工法のお風呂でした。
今回はお風呂、洗面スペース、キッチン、玄関のリフォームをすることに。
こちらの記事では、タイル貼りの古いお風呂を、すっきりユニットバスにするリフォームについてレポートします。

施工前

気密性が高いユニットバスにタイルのお風呂が生まれかわった

リフォーム前の浴室です。
在来工法・タイル貼り・ステンレス浴槽のお風呂で、床タイルにヒビが入っていました。これでは、浴室の床下に水が浸みているのではないかとの心配がありました。
水が浸みているとすると、土台の木材が腐ったり、シロアリが発生したりして家を土台からもろくしてしまいます。

また、お風呂が寒いのが悩みとお施主様。浴槽に熱いお湯を満たしても、外気に浴室内の暖かさを持っていかれ、冬などは洗い場で体を洗ったりシャンプーしたりするのがつらいとのことでした。

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

気密性が高いユニットバスにタイルのお風呂が生まれかわった

お風呂は柱のみを残す「スケルトン」まで思い切って取り壊し、気密性バッチリのユニットバスにリフォームすることに決定しました。 写真はタイルの床・壁・天井、浴槽もすべて取り壊し、スケルトンにした様子です。
タイルの床下の土を見ますと、やはり水が滲み出ていました。

また、壁を解体してわかったのですが、断熱材が入っていませんでした。
壁一枚で外気に接しているお風呂だったということですから、冬、寒いはずです。

気密性が高いユニットバスにタイルのお風呂が生まれかわった

幸いお風呂部分の基礎はダメージを受けていなかったため、基礎・外壁・窓・柱は残してユニットバスを設置する下準備にかかります。

注意したのは配管です。リフォーム後に、古い配管が原因で漏水してはいけません。給排水管はすべて新しいものに取り替えました。

写真は壁に断熱材を施工しているところです。床から天井まで、隙間なく断熱材を入れていきます。この後、ユニットバスを設置しますが、ユニットバスの上にも断熱材をしっかりと入れます。こうすることで、ユニットバスそのものの気密性 + ユニットバスまわりにシッカリ入れた断熱材効果で外気温に左右されない、快適なお風呂になります。

気密性が高いユニットバスにタイルのお風呂が生まれかわった

気密性が高いユニットバスにタイルのお風呂が生まれかわった

お施主様が選ばれたのは、TOTOのシステムバスです。
バリアフリーに配慮した設計であるのはもちろん。お手入れがしやすく、奥様もお喜びです。

お風呂スペースはリフォーム前から変わらなくても、浴槽はひと回り大きくなり、前よりもゆったりとお湯に浸かることができるようになりました。

気密性が高いユニットバスにタイルのお風呂が生まれかわった

脱衣所を兼ねた洗面・洗濯機置場もバリアフリーですっきり。

気密性が高いユニットバスにタイルのお風呂が生まれかわった

さらにお風呂反対側に位置するトイレまで、ひとつづきのバリアフリー設計です。

完成

気密性が高いユニットバスにタイルのお風呂が生まれかわった

外気をしっかりシャットアウトして、冬暖かく、夏涼しいお風呂の完成です!

データで見る 施工事例

リフォーム地域 東京都東久留米市
物件種別 一戸建て住宅
構造(工法) 木造
工事の内容 在来工法のお風呂をユニットバスにリフォーム
施工期間 1週間
費用 価格 (約) 120万円

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから

◎こんな感じにリフォームできますか?
◎何かいい方法を提案していただけますか?
◎いくらぐらいかかりそうでしょうか?
◎資料が欲しいです など

固定電話より 0120-995-689
携帯電話からは042-346-0178

またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ