古くなった廊下の床を張替えて、明るい空間に!

  • LINEで送る

玄関に続く廊下は、家族のみならず、お客様を迎える際にも家全体の印象を大きく左右する場所です。また、毎日家族が何度も行き来するため、傷みの早い場所でもあります。
今回依頼されたお客様は、廊下の床がベコベコ凹み、足元が冷えるということで、張り替えを希望されました。

施工前

古くなった廊下の床を張替えて、明るい空間に!

リフォーム前の廊下です。床がベコベコと凹み、冬場は足元が冷えるということで、リフォームのご依頼をいただきました。
床が沈む感じがするときは、基礎のどこかに劣化があることが多いようです。たとえば、床材を張り付けるときに使用した接着剤の劣化、床を支える木材や束石の劣化などが考えられます。どの部分が劣化しているのかは、残念ながら外から見ているだけではわかりません。このような症状を完璧に直すのであれば、フローリングを剥がし、基礎をチェックし、傷んでいる部分を取り換え補強し、新しいフローリングを敷きなおすことをおすすめします。
今回の事例では、玄関から続く廊下の全面張り替えを行いました。

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

古くなった廊下の床を張替えて、明るい空間に!

既存の床を丁寧に剥がしていきます。
新しいフローリングを敷く前に、床下の基礎部分の傷みをチェックし、傷んだ部分は取り替えたり補強したりして、十分な強度に戻していきます。写真で見える横木はフローリングの根太になる部分です。

古くなった廊下の床を張替えて、明るい空間に!

基礎部分を補強し、断熱材を取り付けたところです。断熱材を入れることで、足元の寒さ対策になります。この上に、新しいフローリングを張っていきます。

完成

古くなった廊下の床を張替えて、明るい空間に!

新しいフローリングを張り、新しい廊下が完成しました。前の廊下よりも明るい色のフローリングをお選びいただいたので、全体に明るい印象です。お客様をお迎えするにも気持ちの良い空間になりました。

データで見る 施工事例

リフォーム地域東京都東久留米市
物件種別一戸建て
構造(工法)木造
工事の内容廊下の床張替え
施工期間1日
費用 価格 (約)18万円~

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから


  • いいリフォームを提案してほしい

  • うちのリフォームいくらぐらいかかりそう?

  • 新しいキッチンの資料が欲しい


など クローバーホームにお気軽にご相談ください
固定電話から0120-995-689  携帯電話からは042-497-5968
またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ