2階天井と屋根の間のデッドスペースを収納に

  • LINEで送る

子供たちが大きくなり、家に物が増えてきたので収納を増やしたいとお考えのご夫婦から、屋根裏収納増設のご依頼をいただきました。屋根裏は狭く、一番高いところでも大人が座って頭がつきそうなくらいです。でも、収納として使うのであれば問題ありません。なるべく使いやすい収納とするよう、工事を行います。

施工前

2階天井と屋根の間のデッドスペースを収納に

屋根裏は普段掃除をする場所ではないので、汚れています。リフォームの第一歩は掃除から。きれいになったら部材を持ち込み、工事に入ります。もちろん明かりはないので、工事用の照明を持ち込んでいます。

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

2階天井と屋根の間のデッドスペースを収納に

天井が抜けてしまっては困るので、まずは床を作ります。それから、収納とする部分を区切り、壁を立てます。あまり高さのない部分は収納として利用できないので、無駄なスペースとなってしまわないよう、収納の外とします。

2階天井と屋根の間のデッドスペースを収納に

天井裏は外気の影響を受けやすく、夏は暑く冬は寒くなりやすい部分です。屋根・壁ともに断熱材を敷き詰め、外気の影響を受けにくいスペースとしていきます。

2階天井と屋根の間のデッドスペースを収納に

収納への出入りは、天井から降りてくる折りたたみ式のはしごになりました。必要な時だけ引き出して使用することができるので、省スペースなアイテムです。

2階天井と屋根の間のデッドスペースを収納に

天井蓋の仕上げはクロス張りとせず、木目調として収納の存在感を出すことにしました。

完成

2階天井と屋根の間のデッドスペースを収納に

収納部分はクロスで仕上げ、階段も設置して、リフォームは完了です。普段あまり使わないものやどうしても取っておきたい思い出の品などを屋根裏収納に置くことができたので、生活スペースが広くなったとのことです。

データで見る 施工事例

リフォーム地域東京都小平市
物件種別一戸建て
構造(工法)木造
工事の内容屋根裏収納リフォーム
施工期間5-7日
費用 価格 (約)

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから


  • いいリフォームを提案してほしい

  • うちのリフォームいくらぐらいかかりそう?

  • 新しいキッチンの資料が欲しい


など クローバーホームにお気軽にご相談ください
固定電話から0120-995-689  携帯電話からは042-497-5968
またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ