フローリング断熱材の種類

  • LINEで送る

こんにちは。クローバーホームです。春も近いですが、寒い日が続いています。我が家で、体も心も暖まりたいですよね。そこで、今回の断熱ブログでは、フローリングの断熱材についてご紹介します。

「断熱」と聞くと、家の中に冬の冷たい空気の侵入を防ぐというイメージを持っている人が大半だと思います。しかし、実際には、夏の暑い空気を防ぐためにも断熱材は、効果をもたらしているのです。

それでは、断熱材にはどのような種類があるのでしょうか?断熱材には大きく分けて、「無機質繊維系」と「木質繊維系」の2つに分けることが出来ます。無機質繊維系は、グラスウールとロックウールがあります。
グラスウール・・・ガラスを高温で溶かした細いガラス繊維を加工したもの。防音・防虫の効果がある
ロックウール・・・耐熱性に優れている鉱物を溶かし、繊維状にした断熱材。

一方、木質繊維系の断熱材には様々な種類があります。ここでは、代表的なものを2つご紹介します。

セルロースファイバー・・・天然木質繊維を用いたもの。湿気を吸収・放出してくれるメリットがある。
インシュレーションボード・・・木材の繊維質をボード状に加工したもの。

断熱材には、この他にも「発砲プラスチック系断熱材」と呼ばれる、軽くて、吸水性に優れているものもあります。断熱材について詳しく知りたい場合には、お気軽に弊社にお問い合わせ下さい。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください