屋根裏収納の断熱リフォームについて

  • LINEで送る

最近は、屋根裏を収納スペースとして用いられている方も増えてきています。しかし、屋根裏は、冬は結露に悩まされ、夏になると強い日差しのために非常に暑くなってしまいます。これらのことでお悩みの方も少なくないと思います。そこで、今回は、そのような方のために、私たち株式会社クローバーホームが屋根裏収納にどのような断熱リフォーム工事をしているか、ご紹介します。

まず、断熱材の裏には通気層を取った上で、厚さ150mmの断熱材を2層に敷き詰めます。このため、日差しの強い夏でも小屋裏が暑くならないので、快適に過ごせるようになります。
しかし、屋根裏の断熱材の内部では、外部との温度差で結露が発生することもあります。したがって、壁内に湿気が入らないようにするために、気密防湿シートを隙間なく張り巡らします。

これら二つのステップを踏むことによって、夏でも冬でも屋根裏は快適な温度となり、安心して物を収納したり屋根裏に出入りすることができるようになります。したがって、屋根裏を収納スペースとして用いられていて、暑さや寒さでお悩みの方は、是非ご相談下さい。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください