昭和30年代、40年代に建てられた

  • LINEで送る

わたくしども、クローバーホームが営業エリアとしているのは、西武線・東武東上線・中央線沿線を中心とした、多摩地区、東京23区西部、埼玉県南西部がメインです。一般的に、このあたりを「武蔵野」と呼ぶことが多いようです。

本社のある西東京市や、その隣りの練馬区などは、現在では住宅街ですが、もともとは農村だったので、いまでも畑が残っていたり、野菜の即売所があったりします。

また、小さな林が多く見られ、そういうところには、アニメ映画「となりのトトロ」に出てきたような大きな木が立っていたりします。実際に、「となりのトトロ」の舞台は、埼玉県所沢市から東京都東村山市にかけてがモデルだそうです。

また、住宅街でふと裏道に入ると、昔ながらの農家が残っていたりします。

断熱リフォームは、最近建てられた近代的な住宅だけではなくて、昭和30年代、40年代に建てられたような家にも有効です。この頃に建てられた家は、密閉性が低く、風通しが良すぎるため、冷暖房費、特に冬の暖房費はバカになりません。

そういう、比較的、築年数が深いお宅でも、断熱リフォームをぜひ検討していただければと思います。施工後の、暖かさ・快適さに驚かれることと思います。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください