窓の断熱リフォーム、結露対策にもなるの?

  • LINEで送る

残暑きびしい日々が続きましたが夏がようやく終わり秋風が気持ちよい季節になってきました。
秋には窓を開はなして気持ちの良い風にあたりたいものですよね。
ところでこの窓、冬には室内の暖かい熱の出口となってしまっているのをご存知ですか?

家の壁は窓よりも厚いので当然、壁は熱を通しにくくなっています。しかし、窓はガラス1枚だけであることと、通常のアルミサッシでは遮断性が低いことが理由となり、窓が室内でいちばん暖気、冷気の通り道となってしまっています。

この窓の部分を断熱リフォームすることで、部屋の温度を保つことができ、冬の部屋は暖かく夏の部屋は涼しくすることができるのです。
くわえて、窓を断熱リフォームすると冬季の窓の結露を防ぐことができます。暖かい空気には水分が多く含まれていますので、窓から外へ熱が放出されている場合は、水蒸気が水滴となり窓の内側に結露が発生します。結露は放っておくと窓周辺のカビの原因になることもあります。

窓の断熱リフォームは熱を外に逃がさないだけでなく、結露にも効果があることがわかりました。結露冬が来る前に窓の断熱対策を考えてみませんか?

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください