耐震リフォームも一緒に

  • LINEで送る

断熱リフォームをお考えの皆様に、ご提案です。

耐震リフォームも一緒にやってしまいませんか?

と申しますのは、断熱リフォームも耐震リフォームも壁や天井などを部分的に解体、その内部に断熱材や補強材を入れてもう一度キレイに仕上げる必要があるからです。

耐震リフォームでは筋交い(すじかい)と呼ばれる部材や耐震用壁材を必要な箇所に設置します。この際、室内側の壁を剥がして壁内部を露出させ、補強部材を取り付けるわけで、そこで壁内部に断熱材を充填し壁を元通りに仕上げていけば、家の解体工事が1回で済むので、耐震工事と断熱工事を別々にやるより費用を抑えられるわけです。

注意点として、耐震工事では住まい全体に耐力壁がバランスよく配置されていることが肝要ですし、断熱リフォームでは外部に面する屋根・外壁・床全体に断熱材を充填することが必要です。つまり、正しい工事かつ適切な箇所に設置してこそ効果が得られるものであるということ。

ですから、我が家をこれから何年維持する必要があるかなどを綿密に考えつつリフォーム計画を考えることが必要です。

計画が固まって「よし、やろう!」となったら、当社にご相談ください。お待ちしています。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください