脳卒中や心筋梗塞を誘引するヒートショック

  • LINEで送る

高齢者にとって冬の室内の寒さは要注意です。人の身体は、温かい場所から急に温度の低い場所に行くと、血管が急に収縮して血圧が上昇してしまいます。高血圧の人や高齢者にとっては身体への負担が大きく、脳卒中や心筋梗塞を誘引することもあります。これがいわゆる「ヒートショック」です。断熱レベルの低い家では、冬の早朝や夜間はトイレや浴室が冷え切っており、温かい部屋から急に冷え切った部屋に移動した時に、このヒートショックが起こる危険性があります。

浴室に関しては、脱衣所に暖房器具を置くなどして入浴前に脱衣所を暖かくしておいたり、浴室の壁や床に暖かいシャワーを撒いて浴室を暖めておく、といった手軽な予防ができますが、トイレや廊下といった場所の対応は簡単ではありません。

しかし、家中至る所に暖房器具を設置するわけにもいきませんから、築年数の経った木造建築の場合、夜間のトイレや廊下などの冷気対策としては床断熱が効果的です。一般的には床下に断熱材を施工し、床下からの冷気を防止して足元の冷えを防ぐ方法が一般的です。

これから厳しい寒さの日が多くなります。高齢者が住む家では、なるべく早い断熱リフォームを検討されてはいかがでしょう。

  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください