賃貸物件のビルトイン洗濯機を国産ドラム式にリフォーム

  • LINEで送る

低層の賃貸アパートに設置したビルトイン洗濯機。借主交代のタイミングで国産洗濯機(ドラム式)を置けるようにしたいとご依頼を頂きました。

施工前

賃貸物件のビルトイン洗濯機を国産ドラム式にリフォーム

コンパクトでデザイン性の高い海外製のビルトイン洗濯機ですが、修理に時間がかかるなどのデメリットも多いようです。そこで、賃貸に出している部屋に入れていた海外製の洗濯機を国産のものに変えたいと不動産屋さんからご連絡いただきました。洗濯機上部の天板を切り取り、背の高い国産の洗濯機を置けるようにリフォームします。

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

賃貸物件のビルトイン洗濯機を国産ドラム式にリフォーム

まずはビルトイン洗濯機を取り出し、天板を収納ぎりぎりで切り落とします。切断面はケガをしないようになめらかに削っています。そして、残す部分を傷つけないように養生して次の作業へと移ります。

賃貸物件のビルトイン洗濯機を国産ドラム式にリフォーム

海外製と国産では、電気配線・水道配管の場所が異なります。スペースが確保できない場合は洗濯機の下や後ろ、横などに場所を用意しますが、今回は床下にも壁にもスペースがあったので、その部分を配線・配管に利用します。

賃貸物件のビルトイン洗濯機を国産ドラム式にリフォーム

洗濯機用の排水を確保してから、床を戻したところです。国産の洗濯機は洗濯機上部から水を入れるので、そのための水道も設置されていることがわかります。この時点で、電源工事も終わっています。

賃貸物件のビルトイン洗濯機を国産ドラム式にリフォーム

壁の中の工事が終了したので、壁をもとに戻しているところです。

完成

賃貸物件のビルトイン洗濯機を国産ドラム式にリフォーム

最後に壁に防水パネルを施工し、床に防水パンを設置したら工事は終了です。洗濯機置き場に高さ制限がなくなったので、幅が合えばどのような洗濯機でも置けるようになりました。
省スペースだからか、マンションやアパートで海外製のビルトイン洗濯機が選択されていることが多いようです。ピッタリサイズでデザインされているため、壊れてしまうと次の洗濯機が見つからないといったお困りの声も。そのような場合はリフォームも選択肢の一つかもしれません。

データで見る 施工事例

リフォーム地域東京都世田谷区
物件種別賃貸用アパート
構造(工法)木造
工事の内容洗濯機置き場のリフォーム
施工期間2-3日間
費用 価格 (約)20万円-

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから


  • いいリフォームを提案してほしい

  • うちのリフォームいくらぐらいかかりそう?

  • 新しいキッチンの資料が欲しい


など クローバーホームにお気軽にご相談ください
固定電話から0120-995-689  携帯電話からは042-497-5968
またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ