工場の屋根リフォーム 重ね葺きで断熱性をUP

  • LINEで送る

町の小さな工場の、屋根の断熱リフォームの事例をご紹介します。折板屋根で施工されていましたが、築年数が経ってきたことと、断熱性に乏しいことから、リフォームを決めたのだそうです。今回は、既存の屋根はそのままに、重ね葺きで断熱性の高い屋根を目指します。

施工前

工場の屋根リフォーム 重ね葺きで断熱性をUP

もともとの折板屋根です。耐火性や水はけがよいことから工場や倉庫、カーポートなどでよく使われますが、外気に影響されやすい、雨音がうるさいなどのデメリットも目立つ屋根です。今回の事例では、工場の環境改善も含めてリフォームを考えておられたので、既存の屋根の上に断熱材を敷き、もう一つ屋根を施工する重ね葺きを行うことにしました。

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

工場の屋根リフォーム 重ね葺きで断熱性をUP

既存の屋根の上に新たな基礎を作り、断熱材を敷いていきます。

工場の屋根リフォーム 重ね葺きで断熱性をUP

断熱材の上にベニヤ板を張り、新たな下地を作っているところです。

工場の屋根リフォーム 重ね葺きで断熱性をUP

屋根の下地ができあがりました。この作業は雨が降っていない時にしかできないので、施工日は天気予報とも相談しながら決めていくことになります。

工場の屋根リフォーム 重ね葺きで断熱性をUP

下地の上に防水のためのルーフィングシートを施工していきます。住宅などの施設の組織構造内部に水が入り込んでしまうと、構造体自体の腐食につながるため、この作業はていねいに行います。

工場の屋根リフォーム 重ね葺きで断熱性をUP

ルーフィングの上に、屋根材を施工します。今回はもともとの屋根と同じく金属屋根を施工していきます。

完成

工場の屋根リフォーム 重ね葺きで断熱性をUP

屋根材を敷き終わり、新しい屋根が完成しました。以前よりも雨音に悩まされず、外気にも左右されにくい工場となったのではないでしょうか。
屋根材には、よく知られた和瓦・洋瓦だけでなく、スレート屋根、ガルバリウム鋼板、アスファルトシングルなど、さまざまあります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、生活や用途・予算に合わせた最善の選択となるよう、よくご検討ください。

データで見る 施工事例

リフォーム地域東京都
物件種別工場
構造(工法)鉄筋コンクリート造
工事の内容屋根の葺き替え
施工期間
費用 価格 (約)

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから


  • いいリフォームを提案してほしい

  • うちのリフォームいくらぐらいかかりそう?

  • 新しいキッチンの資料が欲しい


など クローバーホームにお気軽にご相談ください
固定電話から0120-995-689  携帯電話からは042-497-5968
またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ