車庫・ガレージのリフォーム

  • LINEで送る

車庫をリフォームしたい!車をお持ちの方なら一度は考える事だと思います。車庫に屋根があれば愛車がきれいに保たれるほか、雨が降っている日の乗り降りも苦になりません。

また車庫がスッキリしていると車の発進・バック車庫入れもスムーズになります。思わぬ事故を防ぐことにもつながります。

車庫の種類とリフォームするメリット

車庫(ガレージ)の種類とメリットについて見ていきましょう。
車庫には以下のタイプがあります。

カーポート

住まいの敷地の一角に(よくあるのは玄関エントランスに沿うような形で)屋根と柱を付けた、いわば簡易的な車庫をカーポートと呼びます。壁があるガレージよりスペースをとらず、安い費用で取り付けることができます。

両側に柱があるタイプ

屋根を左右両側から支えるタイプ。柱が両側にあるので強度が高くなります。雪が多いエリアにもおすすめできるタイプです。

片側に柱があるタイプ

 

スケルトンリフォーム完成玄関側

左右どちらかの柱で屋根を支えるタイプです。限られたスペースでも設置し易いのがメリット。また柱が片側にしかありませんので車庫入れが比較的ラクなのもうれしい点です。

後ろだけに柱があるタイプ

リクシルのカーポート

出展:LIXIL
http://www.lixil.co.jp/lineup/carspace/archifranc/case/default.htm

柱が少なくて車の出し入れが楽な点は、先ほどの「片側タイプ」と同様ですが、後ろだけに柱があることで、さらに車庫入れが楽になりました。

独立型の車庫

家から独立したスペースに、車専用で造るガレージ。車を保管するだけでなく、多目的スペースとしても使用できます。

オリジナル設計で作ったガレージ
クローバーホーム 施工事例 「更地にシャッター付きウッドガレージを建てた事例」

住宅ビルトイン型

家の内部にガレージを組み込んだビルトイン型。たとえば建物の1階をガレージにして2階以上を住居にするという設計も、このビルトイン型の1種です。
可能ならば部屋から外に出なくても車庫へ出入りできる設計にするといいですね。雨が降っても傘いらずで、室内から車に乗り込み、出かけられます。

半地下

敷地の一部分を掘って造る車庫。一般には掘った車庫スペースの上に部屋を造りますので、住宅ビルトイン型のアレンジともいえます。

建物が坂に面している場合など、土地を有効に使う方法として検討するとよいでしょう。

地下ガレージ

地下へ1階分堀り、ブロックやコンクリートで床・壁面・天井を作る地下ガレージ。耐火性・耐久性を高く、防犯性もバッチリです。

 

車庫リフォームに向けての準備

では、車庫リフォームをしようと思い立ったら何を準備しておいたらよいでしょうか。

車のサイズを確認

財団法人駐車場整備推進機構のデータを参考にしますと、駐車に必要なスペースは、軽自動車は長さ4m×幅2.2m、小型自動車は5m×2.6m、大型の普通自動車は5.9m×2.9mが基準。あなたの車のサイズは、どれに該当しますか?できればここで挙げた数字よりも、スペースにゆとりがあるといいですね。

道路との位置関係を確認

車庫スペースと、前面道路幅ともにゆったりとしていれば問題ありませんが、なかなかそうは行かないもの。クローバーホームにリフォームをご依頼いただける場合でしたら、打ち合わせ時に道路と車庫スペースの位置関係や、お客様が想像されるに問題となりそうな点をお聞かせください。
現地調査をして、プロの立場からスムーズに車庫入れできるプランをご提案します。

失敗しないための5つのポイントも確認

デザイン

言うまでもなく、お住いの雰囲気に合ったものにしたいですね。たとえば大手メーカーから出ている既製のカーポートをお選びいただくにしてもナチュラルな感じがいいのか、モダンな感じがいいのか、それとも欧風なのか?
様々なデザインが出ています。まずはご自身で「こうしたい」というイメージを固めてください。

機能と材質

デザインと一部要素は重なりますが、たとえばカーポートの場合に屋根をクリアな素材にするのか。それとも遮光性を重視したいのかなど、求める機能によっても材質の選び方が変わってきます。機能と材質についても、はじめに理想とするイメージを固めておくといいでしょう。

コンセントなどサブの設備

  • 車庫に照明は必要ない?
  • ちょっとした収納棚は欲しくない?
  • 電源(コンセント)があったら車の掃除がしやすいかも。
  • タイヤ止めは?

このように、あったら便利な設備も、せっかくのリフォームの機会ですから見直してみましょう。クローバーホームでは、可能な限りご要望を満たすようにプランニングいたします。

車庫を新たに作るときは税金もチェック

忘れずチェックしなければならないポイント。それは車庫が税法上の「家屋」となるかどうかです。
「家屋」になりますと、固定資産税がかかります。

そのほか、建ぺい率、容積率などが、建築基準法や地域の基準(都市計画法)に合っていなくては建てることができません。たとえ片側にしか柱がないカーポートであっても、ここはしっかりとチェックが必要であることを覚えておいてくださいね。

自転車置場も兼ねたい・ほかの用途

YKKapのカーポート

出展:YKKap http://www.ykkap.co.jp/products/ex/item/series/frouge/space1plus.html

ちょっと洗濯物を干したい。周りの空いたスペースに自転車も置きたい。バイクも置きたい。
または車を駐めていない間に屋根の下でバーベキューも、壁がないカーポートならば可能ですね。
せっかくの車庫リフォームです。できればこんなこともできたらいいな。というポイントはメモしておきましょう。

コストのご相談もお気軽に

いかがでしたか。ガレージの種類から、車庫リフォーム時にチェックしたいポイント、忘れてはならない税金問題についてまでまとめました。
とにかくご相談いただいてももちろん大丈夫なのですが、リフォームはあれこれイメージする時間も楽しいもの。いろいろ思い描いてください。そして、ご相談・ご連絡ください。

クローバーホームでは、ガレージの限られたスペースを有効活用できるようなプランニング・設計・施工、リフォームなどの事例が多数あります。コスト面で工夫した事例もございます。

車庫・ガレージのリフォーム 施工事例

風雨に強く、腐食や蟻害にも強い木材で自転車置き場を作った事例
雪害で、自転車置場の屋根が壊れてしまいました。 今回のリフォームで、アルミ ...
続きを読む
「オシャレでメンテナンスが楽なウッドデッキバルコニー」がテーマの事例
東京都杉並区のお客様より。2階ウッドデッキのバルコニーが傷んでいるので、お ...
続きを読む
シャッター付きガレージと入口フェンス設置事例
家屋解体・整地してシャッター付きガレージを作った事例【完結編】
古い家屋が建っていましたが、ここをきれいにしてガレージにしたいとのご依頼が ...
続きを読む
断熱工事をしっかり施した2世帯住宅 新築の事例
70坪の敷地に高気密高断熱注文住宅を建築します。 外階段と二階に上がる階段 ...
続きを読む
古い家屋を解体してシャッター付きガレージを設置した事例
古くなった既存家屋を解体してシャッター付きのガレージを造った事例。 こちら ...
続きを読む
Loading...

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから

◎こんな感じにリフォームできますか?
◎何かいい方法を提案していただけますか?
◎いくらぐらいかかりそうでしょうか?
◎資料が欲しいです など

固定電話より 0120-995-689
携帯電話からは042-346-0178

またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ