断熱・省エネ・ エコリフォーム

  • LINEで送る
断熱効果サーモグラフィ

断熱材のメリットは、外からの不快な熱や寒気をシャットアウトすることです。
断熱リフォームに力を入れるクローバーホームでは2005年に高断熱高気密住宅の新築住宅を建てたのを機に、以降、ほぼ全ての新築住宅・まるごと全面リフォーム案件にて断熱リフォームを施してきました。
2015年に法律が整備され、断熱施工の重要性も認知度が高まっていると感じています。

グラスウール充填断熱施工マイスターが施工

ご注意いただきたいのは断熱材は誤った入れ方をすると外気を通してしまうばかりか、結露を招いて家にダメージを与える恐れがある点です。
クローバーホームでは代表の星野が『グラスウール充填断熱施工マイスター』認定を受けております。確かな知識と豊富な経験をもとに、冬暖かく夏冷房効率のよい家造りをすることをお約束します。

 

グラスウール充填断熱施工技術マイスター

硝子繊維協会認定 グラスウール充填断熱施工技術マイスター

認定番号GW00071  星野英樹

 

マイスター認定制度が目指すところ

正しい施工による高品質な「快適・省エネ住宅」の建設です。木造住宅の断熱施工を最も効率的に行うことができるのが、グラスウール充填断熱工法です。しかし、正しく施工しなければ、十分な断熱性能を発揮できないばかりか、結露を招き、家にダメージを与えかねません。そこで、硝子繊維協会ではすべての施工者がグラスウールの断熱性能を最大限に引きだす施工技術を修得し、施工の信頼性を高めていくために、「マイスター認定制度」を創設しました。お施主様が安心して任せられる高品質な省エネ住宅の建設と普及を目指し、「マイスター認定制度」を全国に広げてまいります。

ガラス繊維協会 「マイスター認定制度とは・しくみ・メリット」より
http://www.glass-fiber.net/master_mastertoha.html

高断熱高気密住宅は何が優れている?

高断熱高気密住宅とは、その名にある通り「断熱」と「気密」、2つの技術によって建てた住宅です。まずは「断熱」と「気密」についてご説明します。

断熱

断熱材を壁の内部に入れる、または外側から断熱材で覆うなどして、家の中と外の環境を分ける=断つことで、外気が家の内部にが伝わりにくくすることです。
クローバーホームが使用する断熱材はグラスウールです。

気密

土台と柱、柱と壁、壁と壁など、家の構造上できる隙間を限りなく無くし、家の中と外の空気が行き交うのを断つことを言います。

つまり、外からの熱(または寒気)が家の中に出入りするのを極力抑えることで、冷暖房にかかるコストを抑える住宅と言えましょう。

ポイントは「断熱」と「気密」両方がきちんと施工されていてこそ、高断熱高気密住宅と呼ぶに値するということです。

家の一部を断熱リフォーム?

新築時や家をまるごとリフォームする時は、高気密高断熱住宅にするチャンスです。が、長年リフォームに携わっているからわかります。なかなかそこまでのリフォームは難しいですね。

お風呂だけ・リビングだけもOK

もちろん完璧に家まるごと施工するのが理想ではありますが、たとえばお風呂と脱衣所だけ、リビングだけ断熱リフォームするだけでも暮らしはグンと変わります。ご予算に応じて、部分的な断熱リフォームもよいと思います。

断熱・エコに詳しいお客様は滅多にいらっしゃいません

断熱やエコ住宅にもともと詳しいお客様はほとんどいらっしゃいません。しかしリフォームのご相談をいただき、お打ち合わせする間に断熱リフォームに興味を持たれる方が多いのも事実です。

ご興味がおありでしたら、ぜひ現在のお悩みをお聞かせください。

断熱・省エネ・エコリフォーム 施工事例

真夏・真冬の光熱費に差が!高気密高断熱工事のご紹介
クローバーホームは、高気密高断熱の新築・リフォーム工事を得意としています。 ...
続きを読む
断熱工事
断熱工事で西側の寝室を夏の西日・冬の寒さから守る!【完結編】
部屋の断熱工事事例をご紹介します。以前に、こちらのお宅では床下と天井裏の断 ...
続きを読む
断熱工事をしっかり施した2世帯住宅 新築の事例
70坪の敷地に高気密高断熱注文住宅を建築します。 外階段と二階に上がる階段 ...
続きを読む
台所とリビングの境目をなくして広いLDKにリフォーム
新しいシステムキッチンにしたいとのご要望。奥様が選ばれたのはタカラスタンダ ...
続きを読む
劣化が目立つ和室を床暖房つき洋室にリフォーム
こちらの記事は、コメントやエピソードを追記して以下に移動しました ⇒ 傷み ...
続きを読む
Loading...

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから

◎こんな感じにリフォームできますか?
◎何かいい方法を提案していただけますか?
◎いくらぐらいかかりそうでしょうか?
◎資料が欲しいです など

固定電話より 0120-995-689
携帯電話からは042-346-0178

またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ