寒い冬が来る前に……屋根裏の断熱で家を保温します

  • LINEで送る

夏は暑く、冬は寒いのは日本だと当たり前ですが、家の中も同じだと生活がしづらくなってしまいます。外気の住宅内への侵入を防ぐには、家の屋根や天井、壁やサッシ周辺の断熱工事が有効です。この事例は、冬の寒さを防ぐために天井裏に断熱材を敷きこみたいとご依頼いただいたものです。二階の天井裏いっぱいに、グラスウールという住宅用断熱材を施工します。

施工前

寒い冬が来る前に……屋根裏の断熱で家を保温します

断熱材は写真のような形で搬入されます。圧縮されて梱包されているので、梱包をとくと思った以上に膨らみ驚かされます。この断熱材はグラスウールと呼ばれ、細かいガラスの繊維でできています。梱包をとくと細かなガラスの粉が舞い上がるので、取り扱いには注意が必要です。この事例では、これを一枚ずつ丁寧に天井裏に敷き広げます。

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

寒い冬が来る前に……屋根裏の断熱で家を保温します

このお宅は小屋裏に点検口が設置されていたので、そこから断熱材を搬入し工事を行いました。ほとんどのお宅では天井に点検口があるので、そこから天井裏に入ります。

寒い冬が来る前に……屋根裏の断熱で家を保温します

天井裏に職人が入り込み、断熱材を敷き広げています。

完成

寒い冬が来る前に……屋根裏の断熱で家を保温します

外気に触れる部分ができないよう、天井裏全体に断熱材を敷き込みました。これで冬の寒さや夏の暑さが入り込みにくい天井へと変わることができました。

データで見る 施工事例

リフォーム地域東京都
物件種別一戸建て
構造(工法)木造
工事の内容断熱リフォーム
施工期間1-2日間
費用 価格 (約)

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから


  • いいリフォームを提案してほしい

  • うちのリフォームいくらぐらいかかりそう?

  • 新しいキッチンの資料が欲しい


など クローバーホームにお気軽にご相談ください
固定電話から0120-995-689  携帯電話からは042-497-5968
またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ