断熱工事をしっかり施した2世帯住宅 新築の事例

  • LINEで送る

70坪の敷地に高気密高断熱注文住宅を建築します。

外階段と二階に上がる階段の下に自転車置き場があり、ガレージ車庫は車が二台入ります。外部 サイディングは雨で汚れが落ちる、ナノ親水マイクロガードを使用、エアコン冷媒配管を壁内に埋設し、外観がすっきりとしています。車庫は丈夫な鉄骨150mmの柱を何本も設置し地震時に家と干渉しないように独立した計画とし、強い車庫にしています。

ベランダは左右の行き来ができるようになっております。外階段には屋根と二階屋根、一階下屋はオークリッジプロを採用、30年間色落ち漏水の保証がついている、アメリカでは80年の実績がある屋根材を使用、雨樋も高耐久樹脂を採用、建物のメンテナンスコストを軽減します

やり方

高気密高断熱住宅の新築工事

縄張りやり方を設置、家の位置や高さを確認し工事の準備をします。

御鎮物埋設

地鎮祭で神主様よりいただいた御鎮物を家の中心に埋めて家の安泰を願います。

基礎

二世帯住宅 鉄骨施工

車庫の鉄骨搬入、通常よりも大きな鉄骨を使用しより地震に強い構造になっています。

木造の建て方と同時に車庫の鉄骨建て方を行っています。鉄骨は手前の赤色錆止めを塗布後クレーンにて取付、高力ボルト接合、大きな地震が来ても木造部分と独立した構造とし、通常より大きな材を用おりますので安心です。

車庫柱脚部 鉄骨柱設置時に柱をこの4本のアンカーボルトで固定し基礎と一体化します。

鉄骨階段の取付

車庫鉄骨柱脚部 ボルトと緊結 太いボルト4本とつながっている基礎は丈夫に出来ています。鉄骨の柱も太く丈夫です。

建て方

木造部 建て方 クレーンにて通し柱を運び取付 角柱と通し柱は4寸を使用しています。

二世帯住宅 上棟

その日のうちに上棟しました。建つと平面で見るよりももっと大きくなります。御施主様と無事上棟したので上棟式で一緒にお祝いをしていただきました。車庫の鉄骨下地は水平筋交いを設けて水平力も強化しています。

屋根下地

厚い断熱材を入れる為に屋根に大きなたる木を取付、屋根断熱前に気密シート(青)を設置し高気密高断熱住宅の効果を高めます。材料はすべてビス、釘、金物で確実に接合して一体化しています。

耐震施工

引き抜け防止金物を地震にもっとも効果的な場所に設置

外部全体と内部の下地にもダイライト12mm 壁量3.5倍を設置

筋交い金物 外部にダイライト内部には筋交いを設置

たんざく金物で桁と桁を緊結

設備配管工事

配管はポリエチレン管、ヘッダー工法を採用、配管途中に給水給湯の継ぎ目がなく、漏水の心配が軽減されます。また漏水時もヘッダーより配管を交換すれば部分的な修理で済みます。洗面所とお風呂などの同時使用時も経路が別れているので水量も十分に確保できます。

断熱施工

壁面高気密高断熱施工 高性能の16k 100mmグラスウールを壁に、天井には100mmを二重に、床には80mm 32kの撥水タイプグラスウールを空隙や隙間なく敷き詰めて合板の継ぎ目を気密気密テープで塞ぎ、電気工事等でシートの穴の空いた部分も気密テープで塞いで、気密断熱効果を高めています。

防音室

天井に石こうボードを二重張りしています。

電気コンセントとスイッチ部分には防音処理をします。

耐震、防音下地の上に石膏ボードを張り、クロス下地処理を実施。

クロスを張り、防音室が完成しました。

外壁サイディング

外装用ダイライト壁量3倍下地の取付

外壁通気施工の上にサイディングを施工

サイディング施工 ベランダと壁に防水シートと防水テープを施工

外壁(サイディング)は内部に漏水しないように下地の雨仕舞をしっかり施工します。

目地に専用コーキングをします。

サイディング張り後 とてもきれいに出来ています。

外構エクステリア工事

リビングの前にウッドデッキを施工します。

ウッドデッキの土台と根太を施工しています。高耐久で長持ちする材料を使用しています。

ウッドデッキのデッキとフェンスを組み立て、塗装をして終了です。

二世帯住宅 完成

データで見る 施工事例

地域 東久留米市
物件種別 一戸建て
構造(工法) 木造
工事の内容 新築 高気密高断熱注文住宅の設計施工
施工期間 6ヶ月
費用 価格 (約)

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから

◎こんな感じにリフォームできますか?
◎何かいい方法を提案していただけますか?
◎いくらぐらいかかりそうでしょうか?
◎資料が欲しいです など

固定電話より 0120-995-689
携帯電話からは042-346-0178

またはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ