和室を洋室へとリフォーム

  • LINEで送る

今まで物置として使用していた部屋を、ご主人がテレワークに使用できる部屋にするために、和室から洋室へのリフォームしたいとご連絡いただきました。押入れはクローゼットに、畳は防音のフローリングに取り替えます。また、雰囲気を合わせるために、入り口の建具も洋風に替えたいとのご要望です。

施工前

和室を洋室へとリフォーム

もともとは日当たりのよい六畳の和室でしたが、あまり使わない物を置く納戸のように使われていました。この数年、ご主人がご自宅で仕事をすることが増え、自宅で仕事できるスペースが必要になったことにより、この部屋を改装してテレワークしやすいスペースを作り出します。

リフォームの様子を段階を追ってご紹介

洋室の和室化に伴い、押し入れをクローゼットに改変します。押し入れは使いやすいように襖を外し、目隠しとしてカーテンをご使用でした。リフォームに伴い、上段の荷物はすでに運び出してくださっていました。下段の衣装ケースは簡単に運び出せるので、ギリギリまで押し入れで……とのこと。工事開始直前に移動させることになりました。

和室を洋室へとリフォーム

押入の中板と目隠しとして使用していたカーテンを撤去し、クローゼットにする準備をしています。
また、すでに畳はすべて撤去し、フローリング化の準備も進んでいます。

和室を洋室へとリフォーム

ハンガーパイプとともに、上部の空間利用のため枕棚も設置します。扉はパナソニックの収納3枚連動引戸を設置しています。木目が美しく、部屋にいても木のぬくもりを感じられる商品です。扉が連動して動くので、開け放った時には1枚の扉分の幅になります。また、クローゼット内部の仕上げには押入ボードを使用しています。

和室を洋室へとリフォーム

畳をすべて剥がし終わりました。この上にフローリングを敷きます。今回は階下へ物音が響きにくい防音フロア(DAIKENのオトユカフロアII)をお選びいただきました。マンションでは遮音等級など規約があることが多いので、事前に調べておくとスムーズです。

和室を洋室へとリフォーム

お部屋の入り口のドアも一緒に洋風に変更されました。続き部屋の家具の色調に合わせて、ロイヤルホワイトをご指定頂きました。こちらは引違い戸になっています。引き戸と違い、暑い時などは片方を空けてお使いになると風が通ります。壁のクロスの色とマッチしていて、違和感のない仕上がりになっています。

完成

和室を洋室へとリフォーム

今後のお部屋の使い道は、椅子に座ってのパソコン作業部屋とのこと。生まれ変わったお部屋で、お仕事にご趣味に精を出されるそうです。キャスター付きの椅子をご愛用とのことなので、床がフローリングなのは快適です。和室からフローリングへのリフォームをご検討されているお客様、一度ご相談ください。

データで見る 施工事例

リフォーム地域埼玉県志木市
物件種別マンション
構造(工法)鉄筋コンクリート造
工事の内容和室から洋室へリフォーム
施工期間1~2週間
費用 価格 (約)25~100万円

お見積 資料請求 お問い合わせはこちらから


  • いいリフォームを提案してほしい

  • うちのリフォームいくらぐらいかかりそう?

  • 新しいキッチンの資料が欲しい


クローバーホームにお気軽にご相談ください
固定電話から0120-995-689
携帯電話からは042-497-5968



お問い合わせフォーム